手軽に使おう

胡蝶蘭というとゴージャスで大輪、高額な花というのがイメージですが、最近は胡蝶蘭の魅力を手軽に使えるタイプのものもいろいろ出回っています。やはりせっかくの胡蝶蘭でも高額では、なかなか使いにくいという人もいるのではないでしょうか。しかし最近ではちょっとしたお誕生日や記念日に、手ごろな価格で、かわいい極小輪胡蝶蘭を利用することができます。

特に大人の女性をイメージさせる「サクラン」は、パープルで直径約4センチ程度。品の良さが魅力です。また同じパープルでも濃淡が美しい「ブルートゥインクル」は、年配の方へのプレゼントにもおすすめ。また「ブラックダイヤモンド」は濃い紫とブラックの中間のシックなもので、オシャレな大人の女性や、男性にもピッタリです。

またかわいい濃い目のピンクの「アイビス」は、直径約3センチで胡蝶蘭の中では極小のタイプ。まるでピンクの蝶々のようなかわいい胡蝶蘭です。他にもホワイトにピンクの点々柄の「メイサンエンジェル」も人気。本当にエンジェルのような可憐なイメージの、直径4センチ程度のものです。もちろんピンク系の「スプリングビューティー」や、ホワイトの「リュースファンタジー」なども定番の人気となっています。

 

カラーのイメージ

胡蝶蘭でも最近はピンクと白以外に、黄色、紫、ブラック、2色混ざりなどいろいろあります。そんな胡蝶蘭のカラーによるイメージについて考えてみましょう。まず大輪のホワイトはやっぱり胡蝶蘭の王様、ピンクの大輪が女王様という感じがあり、大輪ということだけでゴージャスさがあります。その中でもホワイトは美しく、凜としたイメージ。ピンクは喜びを強くイメージし、お祝いには最高です。

参考HP⇒ORCHID STYLE
色とりどりの胡蝶蘭を取扱っています。

また最近では大輪のイエローも人気があります。中輪や小輪にもイエロー系は多く、とてもかわいいイメージがあり、男性へのプレゼントにも使われます。また開店祝いなどではお店を明るいイメージにしてくれるという魅力も。他にパープル系も美しさを感じさせる品の良いイメージがあります。お悔やみにも利用することもでき、大人の女性にも喜ばれています。

他にもミステリアスなイメージのブラックタイプ。男性へのプレセントやシックなお部屋にもぴったりです。最近は贈り物だけでなく、お部屋のインテリアとしても使う人が増え、個性的なお部屋にピッタリです。もちろんピンクは胡蝶蘭独特の濃いタイプが人気。同じピンクでも大輪はゴージャスですが、極小輪になるととてもかわいいイメージがあって人気です。

胡蝶蘭の魅力

お祝いなど記念日に使われる、胡蝶蘭の魅力について考えてみましょう。胡蝶蘭はやはり花の中でも特別感があるお花です。胡蝶蘭を贈るだけ、お祝いやお悔やみの気持を伝えることができます。もちろんどの花でも素晴らしく、たとえ道端に咲いているたんぽぽだって魅力はいっぱい。しかし胡蝶蘭はあまりにもお祝いや記念日、お悔やみに贈る花というイメージが強く、またそれだけの貫禄や美しさがあるため、贈り花として使いやすいのではないでしょうか。

もともと手間がかかり、改良を重ねてきた胡蝶蘭は価格が高く高級感は抜群。誰でも価格が想像できるところが、胡蝶蘭の特徴とも言えます。それこそ1枝幾らと想像できるため、贈ったお祝いの価格がはっきりしている方が良い、政治家などにも喜ばれています。また日本では特に、記念日に贈る花というイメージが胡蝶蘭にはあるため、そのイメージが胡蝶蘭の一つの魅力にもなっているのではないでしょうか。

そして単純に花自体ゴージャスで美しいというところも、もちろん胡蝶蘭の魅力です。また花粉や香りがとても少ないので、部屋の中でも問題がなく、約2カ月程度保つということからも、贈り花として適していると言えます。例えばゴージャスな花にはカサブランカやシャクヤク、薔薇などがありますが、花粉や香りの心配がなく、鉢植えで安定がよく、いつの季節でも購入できるとなると、やはり胡蝶蘭が最適と言えるのではないでしょうか。このように胡蝶蘭が花の中で、王様と言われるにはこんな魅力があったのです。